フックタイプの窓の鍵は防犯レベルが低いので注意

よく窓ガラスの鍵の一つとして使用されているフックタイプの鍵ですが、このタイプの鍵はかなり防犯レベルが低いと意識されたことはあるでしょうか?鍵は鍵なのだから、それをしているだけである程度の防犯は維持できると期待してしまうのも無理はありませんが、このフックタイプの鍵は防犯レベルが低いので十分に注意しておきましょう。

なぜフックタイプの鍵は防犯レベルが低いのかというと、その形状そのものに理由があります。私たちが玄関の鍵などに使用している鍵穴つきの鍵は、シリンダーという複雑な構造を内部に持っており、そのシリンダーが一致しなければ開けることができません。それに加えて、鍵そのものが無理矢理壊されてしまわないようにある程度の耐久性を持っているのも大きな特徴であると言えるでしょう。しかし、フックタイプの鍵の場合は、目に見えてわかるようにただひっかけているだけですので、そこに複雑な構造などありもしません。しかも窓ガラスは基本的に耐久性が弱いので、ガラスを割られてフックタイプの鍵を開けられると一瞬にして防犯の壁を突破されてしまうことになります。このように、フックタイプの鍵はかなり防犯レベルが低いことが理解できるのではないでしょうか。

まさか玄関の鍵にフックタイプの鍵を使用するという強者は居ないと思いますが、窓ガラスについてもこのタイプの鍵は使用しないことが理想的です。もしフックタイプの鍵を使用していると、空き巣などの被害に遭う可能性は限りなく高くなりますので、その他のセキュリティシステムを導入したり、窓ガラスそのものの強度を高めたりする努力が必要となってくるでしょう。

鍵は私たちの家屋を犯罪から守る最終の壁です。そのため、玄関だけではなく住宅の至る所に設置されている鍵についても、十分な防犯性能を有することが大切ですので、フックタイプの鍵の脆弱性を理解した上で防犯性の高い鍵の導入をお勧めします。