鍵があるからこそ自宅や会社の防犯は維持されている

私たちが日常を過ごしている場所である自宅や会社、それらの場所は常に何らかの防犯対策がなされているのを意識したことがあるでしょうか?もしかしたら、自宅や会社は何も防犯なんてしていないという認識を持っている方もおられるかもしれません。しかし、最低でも玄関やドアなどに鍵をかけていますよね?そう、鍵があるからこそ自宅や会社の防犯は維持されていることから、当たり前のようについている鍵そのものが防犯対策の一つであると言えるのです。

もし鍵がなかったと仮定してみてください、どのような現象が起こると考えられるでしょうか。勝手に自宅や会社に誰もが侵入できるようになるため、窃盗の被害が増えるのも考えられますし、その他の犯罪被害もかなり多くなってくるでしょう。さらに会社の場合は社内の機密事項が盗まれて他者に流用されてしまうということも推定できますので、大規模な経済的ダメージを与えられてしまい会社の存続そのものが難しくなてくるのではないかと思います。このような状態にならないためにも、鍵は存在していると言えるでしょう。

鍵があるからこそ私たちが日頃過ごす場所の防犯が守られているわけですから、その鍵をないがしろにするような行為はしてはいけません。例えば鍵を手荒に扱ってしまうという行為はもちろんのこと、定期的なメンテナンスを行わなわかったり鍵の不具合を感じても交換を行わなかったりということについてもできるだけ避けるようにするのが理想でしょう。鍵を蔑ろにしないということは、つまり鍵を最適な状態に維持する努力をするということであり、そのような努力を行うことによって当たり前の防犯を鍵によって維持してもらえるのです。

当たり前の存在になってしまっている鍵ですが、今一度その役割をしっかりと意識してあげてください。そうすれば防犯における鍵の役割はかなり大きいことを実感するとともに、より鍵を大切にしようと思えるはずです。