電子ロックは故障以外で交換不要の鍵と言える

鍵穴がついているスタンダードなタイプの鍵は、その鍵穴が有るという特性から微細なゴミが少しずつ蓄積するなどによって動作の不具合が生じてしまうケースが多々あります。粉塵などが多い地域になれば、新しく鍵を取り付けても数年で使えなくなってしまうということもあるようです。しかし、そのような鍵穴がある鍵と比較して電子ロックは故障以外では交換不要の鍵であると言えます。なぜならば、鍵穴がある鍵のようにゴミが溜まりませんので、鍵が回りにくくなってしまうというトラブルが発生しにくい特徴があるからです。

電子ロックは自動車などに搭載されているスマートエントリーキーなどに始まり、電卓のような数字のボタンがたくさんついたテンキータイプの電子ロック、そしてホテルなどで多く見られるカードキーで開くタイプの電子ロックなどに分類されます。これらの電子ロックは自動車のものを省いて鍵穴が無いため、シリンダーのような鍵穴タイプの鍵に見られる複雑な内部構造もありません。このような点も、鍵の交換が必要ではない理由の一つです。

また、テンキーなどの電子ロックの場合は、仮に鍵の解錠番号が第三者に漏れたとしても簡単に解錠番号を変更することができますので、鍵を落とした時のように鍵を交換する必要性も少ないと言えるでしょう。カードキータイプの鍵であっても、カードキーを紛失したからといって錠前そのものを交換する必要はありませんので、ホテルのような不特定多数の方が利用される場所の鍵としてはかなり有能な存在であると言えます。こうやって考えると、電子ロックは今までになかった交換不要度の高い鍵であり、ある意味で重宝されるべき鍵なのではないでしょうか。

ただ、電子ロックでもいずれは故障してしまいますので、絶対的に交換が不要であるとは言えないのが残念な部分です。ですが、使い方によって一般的な鍵より電子ロックの方が有益な働きをしてくれると思います。