合鍵を勝手に作られたらシリンダー交換で対処を

日常生活の中で赤の他人に自宅の鍵を渡すということはまずしないとは思いますが、なんらかの用事があったり、恋人など一度は信用した人であったりすれば自宅の鍵を貸して自由に自宅に出入りできるようにするケースはあります。そのような鍵を貸してしまった時に何事もなく返してもらえればいいのですが、場合によっては鍵を貸している時に勝手に合鍵を作られてしまうというケースも考えられるでしょう。そうなってしまうと、勝手に自宅に入られてしまうというケースが考えられますので、かなりのリスクになると思います。もし、このようなことがあれば、シリンダーを交換することで対処をしてください。

シリンダーとは鍵穴の内部構造の一つであり、シリンダーと鍵が合致することによって鍵の解錠ができるような仕組みになっています。そのため、たとえ勝手に合鍵を作られたとしても、シリンダーの交換を行えば鍵との合致をしなくなりますので勝手に解錠をされて家の中に入られるリスクを減らすことができます。

シリンダーの交換は自分でもできることがあるかもしれませんが、基本的には鍵屋さんなどの専門の業者さんに依頼をして行ってもらいます。鍵屋さんはシリンダー交換のプロでもありますので、安心して任せておいてもいいでしょう。ただ、シリンダーを交換してしまうと、それに合致する鍵の方も交換する必要がありますのでその分の費用がかかってしまうのがデメリットであると言えるかもしれません。かといってそれをおこなっておくことで安心できますので、どれだけコストがかかってもメリットは大きいと思います。

勝手に合鍵を作られることは無いようで意外と多いですので、誰かに鍵を貸すなどした時は合鍵を作られていないか注意するとともに、できることならばシリンダー交換まで行ってもいいのではないかと思います。やや疑心暗鬼的かもしれませんが、それくらい防犯に対してシビアになるのも大切でしょう。