「ピッキングってオレにもできそう」という旦那って・・

私が銀行に就職したとき、初めて配属された部署の上司が夫だった。T大出身で私より10歳以上年の離れた仕事のできる男性、そしてアルバイト経験すらないピヨピヨの私。これで顔が超ブ男でなかったら、好きにならないほうが不思議だろう。そして嘘みたいに上司との関係が進展し、就職して3年も経たないうちに結婚退社することになったのだった。

憧れの大人な上司であったはずなのに、夫は結婚すると手のひらを返したように幼稚っぽい面を見せるようになった。例えば高卒の親戚をバカにするような発言をしたり、私の友達の仕事を蔑むような発言をしたり。それでも最初の頃は、私にだけ本当の姿を見せてくれるんだといい方に思い込もうとしたが、最近では我慢ならない発言が毎日のように私の堪忍袋を刺激している。子供が産まれてからは、できれば子供にそういう発言を聞かせたくないと思っているのだけど…。

夫はなまじっか挫折を知らないだけに、他人のしていることを軽く見るフシがあって、「あんな仕事誰にだってできる」とか「どうして年収300万の仕事なんかで満足できるんだろう」とか言いたい放題だ。そしてとうとうテレビで犯罪の特集番組を見ながら、「ピッキングってオレにもできそう」とか言い始めた。本当にそんなことをするはずはないと思っている。思っているけれど、もし何かのタガが外れたときに、この人はもしかしたら平気で他人のせいにして手を汚すことができるのかもしれない…と自分の夫ながら不信感を抱いてしまうのだった。